統合失調症で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

ご相談者

女性(20代、無職)
傷病名:統合失調症
受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金受給額:遡り受給分約420万円、と毎月約6万5千円の年金が決定

ご相談者の状況

東京都足立区にお住まいの若い女性でお母様とご相談にご来社されました。

小学校のころから幻覚、幻聴があり、中学校はほとんど通学出来ないまま卒業を迎えた状態でありました。高校には入学せず、ずっと自宅で療養を続けていましたが、幻覚、幻聴、極度の不安感は改善されず殆ど家で毎日を過ごしていました。

20歳のころには、症状が悪化し入退院を繰り返したこともあり家族以外の人とのコミュニケーションが上手く取れない状態でした。障害年金のことを生活支援施設の方から聞き、将来のためにも公的な援助を受けておきたいと強く希望するようになり精神疾患に強い専門障害者支援施設で障害年金セミナーを開催した時に参加されていた方でした。自分も年金受給可能性があるか相談したいとのことでお話をおききしたところ発達障害でお仕事が長続きせず苦労をされてこられたことが判明しました。

相談から申請迄のサポート

初診の病院から現在まで2件目であり、現在の通院先も2年前であったことから初診証明書も難なく取得出来ましたが、子供の頃からの状況の推移を病歴申立書で記載する際に、本人が昔の状況を思い出してもらうことで体調が悪くなって入院となってしまい、デリケートな状況が続いた為に申立書の作成が困難を極めました。最終的には実のお母様がご覧になってこられた本人の状況の推移を日記等を拝見しながら詳しくヒヤリングし入念に病歴状況等申立書を発達障害は、先天的な原因によるものが多く、うつ病やその他の精神疾患と異なり体調面での症状がでることが少なく外見からは健常者と見境がつかない場合が殆どである。発達障害特有の状態は、幼少の頃から子供同士で遊ぶことが出来ずいつも一人でいる。友だちの輪に入ることが出来ない。大人になっても友人とのコミュニケーションがうまく取れない、仕事で上司の指示が理解出来ず何度も同じ失敗を繰り返してしまい周囲から疎んじられ仕事が長続きしないなどの症状を有するのが特徴である。ご相談者の方も典型的な発達障害の症状を持った方だったことから直ぐに申請準備に入りました。

◆結果 

申請後2ヶ月目に障害厚生年金3級の認定が決定し、年額58万円強の年金額が受給出来ました。障害基礎年金2級が決定し、5年分遡って約420万円の一時金と年額約78万円の年金を受給することが出来ました。

受給事例の最新記事

精神疾患の最新記事

統合失調症の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付