うつ病で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

東京都台東区在住

女性(30代、無職)

傷病名:うつ病

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年額約78万円

  • ご相談者の状況

  • 10代後半頃から拒食と過食を繰り返し、自殺願望も生じたことから受診、薬物療法を継続して来た。

  • 長い闘病歴の間に症状が軽快した時期もあったが、悪化傾向に陥ることのほうが多く不眠、不安感、意欲減退、希死念慮などうつ病特有の症状の悩まされ続けて来た。

  • 就職もままならない状態であり、年金受給を強く希望しておられました。

  • 相談から申請迄のサポート

初診日から約20年経過しており、一番最初の懸念が初診証明書取得が可能か否かであった。

クリニックは専門医院であったため、かなり古いカルテでも外部保管していることがあるとの調査結果から確認に3ヶ月間を要したが、幸いにも当時のカルテが見つかり、証明書作成可能となった。

約20年間に渡る期間内の様子を時系列でできる限り詳細に病歴状況申立書に記載して申請手続を行いました。

◆結果 

申請手続から4か月後、認定決定の通知が到着し、年額約78万円の障害年金受給が決定しました。

うつ病の最新記事

受給事例の最新記事

睡眠薬の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付