双極性感情障害で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(40代、会社員)

傷病名:双極性感情障害

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:年金額 約78万円

  • ご相談者の状況

  • ご夫婦でご相談に来所されました。20年程前から、職場環境でのストレスで体調を崩されたそうです。転勤や異動が多い中でも欠勤をや休職をしながらどうにか就労を継続されてこられ、ご相談にお越しになられた時も休職期間中でかつ入院されているとのことでした。長い治療をしてもなお快方に向かわないことから将来への不安が募り、障害年金の受給を強く希望されていました。

  • 相談から申請迄のサポート

通院歴が長い為証明書の手配が心配されましたが、幸いにも取り付けることができました。ご相談時にはご入院をされており、日常生活への支障については医師によくご理解いただけていおりました。また、これまでの経過についてはご本人様がレポートにまとめて下さり、病歴の整理を非常にスムーズに行うことが出来ました。ご本人様の不安がないよう、ひとつひとつの作業ごとに確認をしながら進めていき、申請に至りました。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、年額約78万円の受給が決まりました。

双極性感情障害の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付