• Facebook
  • line
初回相談料 0円
お問い合わせはこちら
03-3888-6614
営業時間:平日9:00~18:00

脳疾患の方へ

脳疾患は、高血圧や動脈硬化により血管がもろくなり、脳内で血管が詰まったり、破れ、出血を起こすというような症状を伴います。

脳疾患には脳梗塞、くも膜下出血、脳腫瘍などの様々な種類があり、発症される方が非常に多い病気です。
発症すると後遺症が残り、重度の肢体機能不全に陥ることもあります。

脳疾患に伴い、肢体機能不全に陥ってしまった方は障害年金を受給できる可能性があります
脳疾患になった場合は、適切な処置を行えば障害年金を受け取ることができるケースが多いのです。

東京障害年金相談センターでは、脳疾患をわずらった方の障害年金申請サポートを数多くこなしており、そのような方に対するサポート体制が充実し、実績も豊富です。

障害年金とは

障害年金とは、労働に支障がでたり、通常の生活に困難が生じるような傷病をお持ちの方を対象に支給されます。条件さえ満たしていれば支給してもらえますので、もらえる障害、症状があるときは、必ず申請しましょう

しかし障害年金は、申立書の書き方一つで障害の等級が変わったり、支給してもらえなかったりすることも多くあり、ご自身で手続きをされる場合、進め方のコツを知らないと、認定の部分で低い評価となることがあります。

当事務所では、障害年金の申請サポートを安心価格でお手伝いさせて頂いております。
相談料、着手金は0円です。

どうぞお気軽にご相談ください。

当センターで脳疾患になった方で、障害年金を受給することが出来た方の事例をご紹介いたします。

脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級認定されたケース

ご相談者

女性(50代、無職)
傷病名:脊髄小脳変性症
受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級
年金受給額:約78万円 

ご相談者の状況

ご本人に代わりご主人がご相談にご来社。悪性腫瘍の治療を受けた際に足がかなりふらつき、医師から精密検査を薦められ脊髄小脳変性症と診断された。家の中でも壁や柱に捕まりながらでないとふらついてしまい歩けない状態であり入浴時はご主人が付き添っている状況でした。食事の支度を含め全てご主人の支援が必要不可欠であった。

相談から申請迄のサポート

2年前にご自身で申請手続を行いましたが、不支給決定を受けてしまい。再度チャレンジを強く希望されてのご相談となりました。前回の不支給決定原因を精査しながら初診証明書の手配をスタートに慎重に準備を進めて行きました。途中、医師が初診証明を書けないと言われましたが事情を丁寧に説明したところ誤解であったことが判明し、無事に難局を乗切ることが出来ました。

結果

申請手続から2か月目に障害基礎年金2級の認定が決定。年額約78万円の年金を受給しました。また、やり直し申請が認められたことからご相談者が加入している脊髄小脳変性症患者会様から年金を受けていない患者の方々を対象とした相談会開催のご依頼を頂き、多くのご相談を頂きました。

脳疾患の方が障害年金を受給されたケースは他にもあります。
気になる方はこちらをクリックしてください。

簡単1分 受給診断
LINEで障害年金のご相談
相談事例
無料の勉強会を開催中!
障害年金勉強会
相談のご予約
受付時間:平日
9:00~18:00
土曜日応対可能
03-3888-6614
メールでの
お問い合わせ
1分受給診断
line facebook
相談予約
メール相談
1分受給診断
事例を見る