双極性障害で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

女性(30代、無職)

傷病名:双極性感情障害

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:遡り受給額 約290万 年金額 約59万円

  • ご相談者の状況

  • 職場環境のストレス等で6年程前から体調がおかしいと感じ始めたとのことです。ただ受診する病院での診断目名とご自身の感じている症状が一致しないように思われて、病院を変わられたという経緯があります。発病当時は勤務されてらっしゃいましたが、現在は就労が困難で、療養に専念されているご状況です。日常生活は通院以外の時間はほとんど自宅で過ごされており、抑うつ状態が長く続いてしまっています。

  • 相談から申請迄のサポート

初診時の病院ではカルテが残っておりましたので、受診状況等証明書と合わせて障害認定日当時の診断書の作成もお願いしました。当時就労されておりましたが、お体の状態としては現在とあまり変わられていない、もしくは少し悪いような印象でしたので、遡って権利が認められる可能性がありました。現在の病院での診断書については、病院の相談員さんのご協力もあり、しっかりした内容で作成頂く事が出来ました。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、5年間遡って年金が認められ、約290万円を年金を受給することが出来ました。そのほか年額約59万円の年金権利も獲得しました。

お知らせの最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付