足立区で網膜色素変性症で障害厚生年金2級の認定を受けた事例

1 相談者

女性(30代、無職)
傷病名:網膜色素変性症
受給した年金種類と等級:障害厚生年金2級
年金受給額:年額約156万円

2 ご相談者の状況

高校生の頃から夜盲があったが日常生活に支障を感じることは全く無く、最近まで普通に生活して来ていたが、数年前から外出時に人とよく肩がぶつかったり躓くことが多くなって眼科を受診したところ網膜色素変性症と診断され病気の将来に愕然とした。病院のケースワーカーさんから障害年金の話を聞き年金事務所へ相談に行ったが、目の病気で認定を取ることは容易ではないと言われ諦めかけていた。ネットで同じ病気を持つ方々の集まりである網膜色素変性症協会が東京にあることを知り、障害年金の問合せをしたところ変性症の実績が多い専門の社労士先生を紹介されてお電話を頂きました。

3 相談からの申請迄のサポート

変性症の方の申請で最初に気を付けねばならないことは初診日の確定です。長い年月を経て徐々に進行する疾病のため御本人自身がどこが初診日が判断出来ない場合が多くあります。また、初診日をどこで確定するかは、証明書の取得可能性やどの年金制度から申請可能かを判断する重要な起点となりますので慎重に確認を進めました。証明書を取得してからは診断書の作成時に視野検査を行う指標が重要であることを医師へ説明し、慎重に診断書を作成してもらいました。診断書添付書類として、初診から現在迄の病状の推移と日常生活にどのような支障を生じているかその程度と内容を詳細に作文して病歴状況等申立書を作成し申請手続を行いました。

4 結果

障害厚生年金2級が決定し、年額約156万円の受給が決定しました。

その他の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付