肢体の障害で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(50代、会社員)

傷病名:球脊髄性筋萎縮症

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:年金額 約76万円

  • ご相談者の状況

  • 十数年前から足に違和感を感じてはいたものの、年齢的なものかと思いそのまま過ごしてこられたそうです。その後少しずつ症状が進行して、わずかな距離の歩行も辛い状態になったため、受診に至ったとのことでした。現在もお勤めでいらっしゃいますが、通勤や移動はすべてタクシーを利用し、また仕事中も重いものを持つことができないため、同僚の方の助けを借りてどうにか就労されているご状況でいらっしゃいました。両腕両足に加えて、舌も力が入らない為、食事をとる事に大きな支障が出ていました。

  • 相談から申請迄のサポート

病院を受診された当初はなかなか原因がわからず、異なる病名を告げられることもあったとのことでしたので、初診の病院の特定のために詳細なヒアリングを行いました。診断書作成に際しては、日常のご生活での支障が正確に反映されたものになるようご本人へアドバイスを行い、また主治医の先生にもそのようにご依頼を致しました。病歴状況申立書については特に念入りに準備をし、不自由に感じられていることを細かに伝えらえるよう工夫をしました。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、年額約76万円の受給が決まりました。

その他の最新記事

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付