脳髄液減少症で障害厚生年金3級 遡って受給決定した事例

  • ご相談時の状況

同業の社労士からの紹介でご相談。
体調不良が続いており、その日によって外出が困難となる場合があるので全て電話でのご相談となりました。

  • 社労士による見解

  • 脳髄液減少症による症状は、頭痛、めまい、身体が振らつく等があり、辛い時は起きて居られない状態に陥ることが多い。当然ながら仕事を継続することは出来ず、家の中でも一人では生活に支障が生じる状態がしばしば見受けられる。

  • 症状によっては、2級の認定も視野に入るが認定審査では、日常生活状況への支障の程度を特に重視されることが多い。

  • ご相談者の方は、北海道勤務時代に職場で同僚数名から胴上げをされ、誤って落下した際に後頭部を強打したことが疾病の原因であった。以来、10年近く闘病生活を続けて来ているが、症状は改善されていない。

  • 受任してから申請までに行ったこと

2級の認定を勝ち取るべく準備を進めて行き、幸いにも初診証明書の取得等順調に準備を進めることが出来た。病歴状況申立書には、これまでの病状の経過と日常生活状況を詳細に記載して本人の症状を細かく主張し申請手続を行いました。

 

◆結果 

5年遡って年金受給が決定し、年金のほかにいるが、一時金として約450万円を受給できた。

受給事例の最新記事

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付