• Facebook
  • line
初回相談料 0円
お問い合わせはこちら
03-3888-6614
営業時間:平日9:00~18:00

足立区にお住いの方で脳梗塞後遺症により障害厚生年金2級の認定を受けた事例

ご相談者

東京都足立区在住 男性(60代、無職)

傷病名:脳梗塞による上下肢機能障害

受給した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金受給額:年額約144万円

ご相談者の状況

2016年、朝会社に出勤しようとしていた時に急に強い脱力感と右半身に強い痺れを感じ、そのまま救急搬送となった。
精密検査の結果、脳梗塞が判明し直ちに入院加療となった。1か月間の入院治療を終えた後、右半身に後遺症が残りリハビリの為にリハビリ病院へ転院し約3カ月間リハビリを継続したが、右半身の機能障害と歩行困難等の残ってしまった。
歩行は10mの距離でも杖が無いと歩くことが出来ず、家の中でも移動時は壁に手をついて身体を支える必要がある。特に着替えの時に右腕が上がりにくい為、時間がかかってしまうなど日常生活に支障が大きくなっている状況であった。

相談から申請迄のサポート

脳疾患による障害年金の認定審査は、上下肢の機能や筋力の低下状態等を測定し、日常生活状況にどの程度の支障が生じるかを精密に審査することになります。医師が障害年金の診断書を作成する際には、両手両足の機能測定を行いますが男性の場合に、よくある傾向として、測定時に無理をして本当は良くできないにも拘らず、大丈夫と回答してしまう場合があります。出来ないことははっきりと無理であると回答せず診断書が作成された場合、年金の認定審査において不利になってしまうことになりますので要注意です。当センターでは、単に書類の準備だけを説明するのではなく、障害年金の審査に非常に重要な書類である診断書の作成時にどのような注意が必要か医師にどうのように伝えるか等、年金の審査を意識した準備の仕方を詳しくアドバイスしています。今回は、ご歩人の日常生活上のご不便に感じている内容を文書にまとめて記載して確認してもらい診断書を入念に作成して頂きました。また、発病から現在までの生活状況の推移を病歴状況等申立書に詳細に記載するなど慎重に申請準備を進めて臨みました。

◆結果

申請書類を提出後、診断書の記載内容についての確認問い合わせとが年金機構の審査部からありました。慎重に対応したところ申請から4か月後に障害厚生年金2級の認定となり、年額約144万円の年金受給が決定して大変喜んで頂きました。

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください

当相談センターは、お客様のご事情を充分に考慮しキメ細かな対応をしております。
当相談センターはプライバシーマーク使用許諾事業者に認定されており、個人情報の適切な取り扱いと厳格な保護に努めておりますのでご安心ください。

まずはお電話かメールでご相談のご予約をしてください。

お問合せお電話はこちらから:03-3888-6614 
受付時間:9:00~18:00
24時間対応のメール相談はこちらから

 >> メールフォーム(こちらをクリック)

杉野経営労務事務所は、お客様の障害年金に関わるすべてのお悩みにお答えさせていただきます。

特にその中でもお客様が受給できる可能性のある年金に関して当事務所の社労士が丁寧にアドバイス・代行申請させていただきます。

障害年金にお悩みの方、申請されたいと思われている方は是非お電話にて無料相談についてお問合せ下さい。

ヒアリングをしっかりとさせていただきます。

ご相談お客様のご都合の良い時間を選んで頂き、日程調整をさせていただきます。

無料相談では、当事務所の障害年金専門家の社労士がお客様のお話を約30分~1時間かけて、しっかりとヒアリングさせて頂きます。

年金のアドバイスをさせて頂きます。

スタッフ一同年金については、申請書の書き方一つでもらえる受給額が大きく変わったり、また、もらえなかったりするケースが多くあります。

当事務所のスタッフが丁寧に対応させていただきます。
是非、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3888-6614
(クリックすると電話が繋がります)

また、メールでも随時お問い合わせを行っております。こちらまで。 >> メールフォーム

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「脳出血後遺症」「脳血管疾患」の記事一覧

相談のご予約
受付時間:平日
9:00~18:00
土曜日応対可能
03-3888-6614
メールでの
お問い合わせ
1分受給診断
line facebook
相談予約
メール相談
1分受給診断
事例を見る