初診日不明で障害厚生2級の認定を受けた事例

  • ご相談時の状況

3年前から人工透析をしている。

病院の透析室で親しい方から障害年金を受給できると聞き相談にご来社されました。

 

  • 社労士による見解

40代半ばから高血圧で断続的に受診したことはあったが、腎不全を指摘された病院がどこか全く記憶になく申請を諦めかけていた。

高血圧は、腎不全との因果関係が認められない疾病であることから高血圧以外での受診状況を時間をかけて思い出してもらったところ診察時に医師からクレアチニン数値が高いと指摘されたことがある記憶が蘇り、早速当時の病院へカルテ開示請求を行い確認したところ、腎臓機能低下の記載が発見されたことから十分に申請して認定が取れるものと判断した。

  • 受任してから申請までに行ったこと

幸いにもここを初診日として初診証明書を取得することが出来たのでその後の診断書作成も順調に進めることが可能となった。

申請迄の病歴確認にかなり時間を要したが、初診証明書取得後は申請手続まで短時間で済ませることが出来た。

 

◆結果 

障害厚生年金2級の認定が決定した。

受給事例の最新記事

腎不全の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付