請求時の注意点

障害年金の請求で注意する点としては、「初診日」がどの年金に加入中であったかを見極めることです。なぜならば、まず初診日に年金制度の未加入の場合は、請求そのものができません。さらに初診日に加入していた年金の種類により、受給できる障害年金の種類が違ってきます

初診日が国民年金加入中にあった場合は、障害等級が1級または2級に該当しないと受給できません。

それに対して厚生年金加入中であった場合は、1級、2級、3級に該当すれば受給できることから、受給できる可能性が広がります。

請求については、認定を「1年6ヶ月時」にして請求した場合、年金はさかのぼって受給できるため年金額が多くなります。

それに対して「事後重症」で請求した場合は請求したときが認定日となり、そこから将来に向かってのみ受給できるため、1年6ヶ月時請求とは異なり、さかのぼって年金を受給することができません。

請求の方法ひとつでも、受給できる金額が変わってまいります。
そのシステムを理解することが大切だといえるでしょう。

最も注意すること


障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど