• Facebook
  • line
初回相談料 0円
お問い合わせはこちら
03-3888-6614
営業時間:平日9:00~18:00

網膜色素変性症で障害厚生年金2級に認定、遡って約5年分の年金を受給出来た事例

ご相談者

女性(20代、会社員)
傷病名 網膜色素変性症
受給した年金種類と等級 障害厚生年金2級(遡り認定)
年金受給額 年額約11万円 遡り受給額約630万円

 

ご相談に来た時の状況

東京障害年金の地元、足立区北千住の眼科院長医師から障害年金の相談のご連絡を頂きました。当センターは、日本網膜色素変性症の患者会から障害年金のご相談を承っており、網膜色素変性症での障害年金の実績が多いことから患者様の件で相談となりました。眼科院長からのご紹介でご相談者の方からお電話を頂き、現在の状況を詳しくヒヤリングさせて頂いた結果、視野の欠損率が既に90%を超えており、障害者手帳2級の認定を受けておられ舞田。日常生活の状況をお聞きし、直ぐに障害年金の申請をご希望となり当センターでご支援させて頂くことになりました。

 

当センターのサポート内容

初診証明の取得は、既にご相談者の方がご自分で済ませておられましたので当方からは、ご相談者をご紹介頂いた眼科院長医師へ診断書の作成時の留意点や審査におけるポイントをご説明し、視野測定の指標にも十分ご注意頂くようお願い致しました。

眼科医師からは、診断書の記載時に留意点のご質問や確認のご連絡を頂き、入念に診断書を作成して頂きました。また、ご相談者が遡り請求を強くご希望された為初診日から1年半時点での診断書も作成をお願いしましたが、当時の受診が無かった為、その後の受診日の時点で診断書を作成して頂きました。

診断書と同じく審査上で重視される病歴就労状況等申立書は、日常生活でご不自由に感じる事柄を中心に初診時から現在までの状況の推移を時系列で詳しく記載して申請手続を行いました。

 

結果

申請書類が受理されてから約3カ月経過した時点で障害厚生年金2級の認定が決定し、約5年前まで遡っての年金受給が決定しました。

約5年分の年金受給額や約630万円、年金月額は、約11万円となりました。

眼科医師にも診断書作成に際して、年金の審査を意識して入念に診断書を作成して頂けるようお願いしたことも功を奏して最も理想的な受給決定となりました。

 

一人で悩まず、まずはお気軽にご相談ください

当相談センターは、お客様のご事情を充分に考慮しキメ細かな対応をしております。
当相談センターはプライバシーマーク使用許諾事業者に認定されており、個人情報の適切な取り扱いと厳格な保護に努めておりますのでご安心ください。

 

まずはお電話かメールでご相談のご予約をしてください。

お問合せお電話はこちらから:03-3888-6614 
受付時間:9:00~18:00
24時間対応のメール相談はこちらから

 >> メールフォーム(こちらをクリック)

杉野経営労務事務所は、お客様の障害年金に関わるすべてのお悩みにお答えさせていただきます。

特にその中でもお客様が受給できる可能性のある年金に関して当事務所の社労士が丁寧にアドバイス・代行申請させていただきます。

障害年金にお悩みの方、申請されたいと思われている方は是非お電話にて無料相談についてお問合せ下さい。

ヒアリングをしっかりとさせていただきます。

ご相談お客様のご都合の良い時間を選んで頂き、日程調整をさせていただきます。

無料相談では、当事務所の障害年金専門家の社労士がお客様のお話を約30分~1時間かけて、しっかりとヒアリングさせて頂きます。

年金のアドバイスをさせて頂きます。

スタッフ一同年金については、申請書の書き方一つでもらえる受給額が大きく変わったり、また、もらえなかったりするケースが多くあります。

当事務所のスタッフが丁寧に対応させていただきます。
是非、お電話にてお気軽にお問い合わせください。
TEL:03-3888-6614
(クリックすると電話が繋がります)

また、メールでも随時お問い合わせを行っております。こちらまで。 >> メールフォーム

関連記事

クイックタグから関連記事を探す

「網膜色素変性症」「視覚障害」の記事一覧

TOPへ戻る
相談のご予約
受付時間:平日
9:00~18:00
土曜日応対可能
03-3888-6614
メールでの
お問い合わせ
1分受給診断
line facebook
相談予約
メール相談
1分受給診断
事例を見る