成年後見制度と障害年金について

認知症や知的障がい、精神障がいなどにより、判断能力が不十分な方は、自分の財産管理や生活にかかわる契約を行うことが困難であったり、悪徳商法の被害にあう恐れもあります。

成年後見制度はこのような方が安心して暮らせるように、ご本人を保護し、法律面や生活面で支援する身近なしくみです。

・一人暮らしの家族が最近認知症の症状が出始めている模様で、訪問販売で必要ない高額な商品を買ってしまわないか心配だ。

・福祉サービスを受けたいけれど本人が認知症で一人で契約をするのは難しい。

・今はまだ元気だが、自分の判断能力が将来低下した時のことを考えておきたい。

・最近、物忘れが激しく、家族や親戚に頼れる人もいないので老後が不安だ。

・子供が生まれたときから重度の知的障害者で、私たち両親が亡くなった後のことが心配だ。

当事務所では、老齢・障害・遺族年金や医療・介護をはじめとする社会保険制度全般に関して業務を行う、唯一の国家資格である社会保険労務士が、成年後見制度を必要とする方々の生活のあり方をご本人とともに考えていきます。

そのような場合は東京障害年金相談センターで無料相談を行っておりますので、お気軽にご連絡をお願いいたします。

お問合わせはコチラ

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付