双極性感情障害で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

女性(40代、主婦)

傷病名:双極性感情障害

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年額約78万円

  • ご相談者の状況

  • ご主人と一緒にご相談で来社されました。
    7年前から夫の両親と同居するようになってからストレスが溜まり不眠や情緒不安定な状態に陥り、受診した結果適応障害と診断されました。
    その後薬物療法を継続したが、うつ状態も発症し現在は、家事も出来ない状態となっているとのことでした。

    相談から申請迄のサポート

  • 初診は転居前の近医であったが個人病院で以前電話で確認したが、カルテが既に無いので証明出来ないと言われていました。
    当センターより再度、受診先へ連絡し、事情を詳細に説明して再度証明書の作成依頼を行ったところカルテが見つかり無事に作成出来るとの回答を得ました。
    診断書作成時には、医師へ日常生活状況を詳しくヒヤリングして作成してほしい旨を依頼すると共に病歴申立書は、日常生活上の支障を出来るだけ詳細に記載して提出しました。

    結果

障害基礎年金2級が決定し、年額約78万円の年金を受給することが出来ました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付