網膜色素変性症で障害厚生年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(50代、無職)

傷病名:網膜色素変性症

受給した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金受給額:年額約160万円

  • ご相談者の状況

長野県松本市から電話でのご相談、ご依頼決定となりました。10年以上前から網膜色素変性症と診断されていたが、進行がゆっくりであったことから特に定期的な通院はしていなかった。2年前から急に見えにくくなり、仕事にも支障が生じることからやむなく退職せざるを得ない状況に陥った。現在では、1人での外出は不安でほぼ終日自宅内で過ごしてい状況であるとのことでした。視野欠損率は95%以上。

  • 相談から申請迄のサポート

病歴が長いことから初診日を確定する為に初診の病院で確認したところ、既にカルテ保存がなく初診日証明が出来ない状況であった。幸い2件目の病院が、初診の病院の紹介で受診していたことからカルテ確認をしたところ紹介状写しも確認出来、初診日を立証することが可能となった。初診日確定を確実とし、更にご本人の日常生活状況を詳細にヒヤリングしてご不自由と感じている事柄を詳しく病歴状況等申立書で作文して申請にこぎつけました。

  • 結果

障害厚生年金2級が決定し、年額約160万円の年金受給が決定しました。

網膜色素変性症の最新記事

視覚障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付