脳出血後遺症で障害厚生年金2級(遡って)認定を受けた事例

  • ご相談者

女性(40代、主婦)

傷病名:脳出血後の後遺症(上下肢機能障害)

受給した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金受給額:年額約135万円

  • ご相談者の状況

ご長女と夫がご相談に来社されました。
8年前に脳出血で倒れ、治療後に半年間リハビリを行ったが、右半身に麻痺が残り、現在でも
ほぼ終日ベッドでの生活となっている。食事や日常生活で家族の援助が必要不可欠な状態に
なっていた。

  • 相談から申請迄のサポート

初診が脳出血で倒れて救急搬送された8年前であることから病院でのカルテ保存の有無が
心配されたが、幸いにもカルテ別管理で保管されていたことから直ぐに初診証明を取付け
ることが出来た。認定日は、現在通院中の自宅近所の医院に通院していたときであった為
遡り診断書と現在の状況の診断書共に同時に作成してもらい申請手続を行いました。

  • 結果

障害厚生年金2級が決定し、年額約130万円の年金の他に遡って5年分の年金一時金約650万円を受給することが出来ました。

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付