糖尿病の合併症による左足切断で障害厚生年金1級が認められた事例

  • ご相談者

男性(50代、無職)

傷病名:手足切断(糖尿病による合併症)

受給した年金種類と等級:障害厚生年金1級

年金受給額:年額約170万円

  • ご相談者の状況

ご相談者は、来所時の2年程前に糖尿病の合併症による壊疽が原因で、太ももの付け根から切断されておりました。ご本人だけでは、来所もままならず、弟様に付き添われてのご来所となりました。

  • 相談から申請迄のサポート

傷病が四肢の切断だったため、すぐに申請のため動き出しました。初診証明書の手配を当センターで進め、診断書の作成をお願い致しました。またご本人から日常生活の状況について充分にヒアリングを行い、病歴状況申し立て書を作成致しました。

  • 結果

申請後、障害厚生年金1級(年額約170万円)が認められました。受任から申請までをスムーズに行うことができ、2ヶ月後には認定がおりました。

その他の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付