パーキンソン病で障害基礎年金2級の認定を受けた事例 

  • ご相談者

男性(50代、無職)

傷病名:パーキンソン病

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年額約78万円、遡り受給額約230万円

  • ご相談者の状況

10年位前から手の痺れを感じるようになった。当初は気にならなかったが徐々に症状が悪化し、受診に至ったが、当初は原因が不明で3か所目の病院でパーキンソン病と診断された。現在は、朝起床した際には体が硬くなってしまっており、解してからでないと動くことができない。食事の際に箸やスプーンをしばしば落としてしまうなど日常生活に支障が大きくなっている状況でした。

  • 相談から申請迄のサポート

初診証明の取得が困難を予想されたが、運よくカルテ保存があり、容易に取得できたが、診断書の作成に2か月以上要し、書かれた診断書内容がかなり端折ったものであった為に医師に加筆訂正の要請を行うなどが原因となった。医師の理解を得ることに時間がかかり最後は医師と直接面談してようやく加筆訂正を承諾してもらいました。

  • 結果

申請手続から3か月目に障害基礎年金2級の認定が決定。年額約78万円の年金を受給しました。また、3年間の遡りが認められ一時金として約230万円を受給されました。

障害年金無料診断キャンペーン

パーキンソン病の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付