双極性障害で障害厚生年金2級の認定を受けた事例 

  • ご相談者

男性(40代、無職)

傷病名:双極性障害

受給した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金受給額:年額約180万円、遡り受給額約900万円

  • ご相談者の状況

職場の上司からひどりパワハラを受け続け情緒不安定に陥った。症状を我慢しながら無理をして勤務を続けていたことから症状が悪化し、仕事中に怒鳴ったり、イライラが強くなるなど不安定な状況で休職を余儀なくされた。休職中に社宅4階のベランダから自殺しようとしたところを奥さんに発見され、事なきを得た。ご相談に来た際は、膝の震えが止まらない状態であった。

  • 相談から申請迄のサポート

長期間に渡り、闘病を続けてこられていることから遡及申請の可能性を考慮し、慎重に準備を開始しました。まず、初診先であった長野県の病院と交渉し初診証明書を作成してもらうと共に7年前の状況の診断書を作成してもらうことが出来ました。
現在の状況については、日常の生活状況を詳細にヒヤリングしたレポートを医師に渡し、出来るだけ詳細に診断書を作成してもらうなど認定の可能性を高める準備を周到に行い申請に漕ぎつけました。

  • 結果

申請手続から4か月後、遡及認定決定の通知が到着し、年額約180万円の障害年金の他に遡り支給分として約900万円を受給しました。

双極性感情障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付