多系統萎縮症で障害厚生年金1級の認定を受けた事例 

  • ご相談者

男性(50代、無職)

傷病名:多系統萎縮症

受給した年金種類と等級:障害基礎年金1級

年金受給額:約210万円 

  • ご相談者の状況

ご本人に代わり実兄がご来社。4年位前から体に異変が生じ、数か所の病院で精密検査を受けたが原因が掴めなかった。紹介により大学病院で検査の結果、多系統萎縮症と診断された。
現在は、終日病院のベッド上での生活となり、意識ははっきりしているが言葉を口にすることが出来ない状態となっている。

  • 相談から申請迄のサポート

複数の病院で受診しており、初診日の確定を慎重に行った結果、証明書を取り付けました。ご本人は独身で身寄りは実兄のみであったが、仕事が多忙であることから証明書・診断書の手配など全て当事務所で代行しながら準備を進めて行きました。

  • 結果

申請後2か月で障害厚生年金1級の認定決定がなされ、年額で約210万円を受給することになりました。

多系統萎縮症の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付