脊髄小脳変性症で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

女性(50代、無職)

傷病名:脊髄小脳変性症

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:約78万円 

  • ご相談者の状況

ご本人に代わりご主人がご相談にご来社。悪性腫瘍の治療を受けた際に足がかなりふらつき、医師から精密検査を薦められ脊髄小脳変性症と診断された。家の中でも壁や柱に捕まりながらでないとふらついてしまい歩けない状態であり入浴時はご主人が付き添っている状況でした。食事の支度を含め全てご主人の支援が必要不可欠であった。

  • 相談から申請迄のサポート

2年前にご自身で申請手続を行いましたが、不支給決定を受けてしまい。再度チャレンジを強く希望されてのご相談となりました。前回の不支給決定原因を精査しながら初診証明書の手配をスタートに慎重に準備を進めて行きました。途中、医師が初診証明を書けないと言われましたが事情を丁寧に説明したところ誤解であったことが判明し、無事に難局を乗切ることが出来ました。

  • 結果

申請手続から2か月目に障害基礎年金2級の認定が決定。年額約78万円の年金を受給しました。また、やり直し申請が認められたことからご相談者が加入している脊髄小脳変性症患者会様から年金を受けていない患者の方々を対象とした相談会開催のご依頼を頂き、多くのご相談を頂きました。

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付