胃がんで障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(50代、会社員)

傷病名:胃がん

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:年額約86万円

  • ご相談者の状況

かなり以前より胃の不具合が続いていたが、仕事が忙しく病院に行くことがなかった。
長男から強く言われ、検査で受診したところ胃がんと診断され直ぐに胃を摘出することになった。手術後は少しの間、体調不良が続く可能性を医師から示唆されていたが、暫く経過しても食欲不振や体の怠さ、倦怠感などが改善されず、仕事も休みがちとなった。冷凍食品工場での製造作業に従事していたが、仕事継続が困難となりやむなく退職することになった。

  • 相談から申請迄のサポート

障害年金は、病気やけがによる症状から日常生活にどの程度支障を来しているかを重要な審査のポイントとすることから、医師に診断書の作成依頼を行う際に、ご本人の日常生活状況の詳細をまとめた書面を見てもらい、腹痛の程度や頻度など症状の一つ一つを可能な限り詳細に記述してもらいました。また、病歴状況等申立書も入念に作文し仕上げて申請手続を行いました。

◆結果

障害厚生年金3級が決定し、年額約86万円の障害年金を受給することになりました。

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付