うつ病で障害基礎年金2級認定されたケース

1.相談した時の状況

ご病気の娘さんに替ってお父様がご相談に来社。

結婚してから夫婦仲が良くなかったことに加え、仕事のストレスも重なり不眠意欲低下などの症状が現れ受診しうつ状態と診断された。

離婚後は実家に戻り治療を継続しているが症状が改善されず年金申請を検討したいとのことでした。

2.杉野社労士の見解     

日常生活状況を詳しくヒヤリングしたところ、母親が身の回りの事を世話しており、本人は殆ど終日家の中で過ごしている状態が続いているなどうつ状態が継続していることから障害基礎年金2級の認定可能性が高いと推測した。

3.受任してから申請迄に行ったこと

本人が外出出来ないことから初診証明の手配から当センターで行い、診断書作成時には、医師宛に精神疾患の認定基準と作成上の注意点を文書にてお知らせし診断書の作成を依頼した。また、病歴状況申立書も日常生活状況を出来る限り詳細に記載して申請を行った。

4.結 果

申請後、1ケ月で障害基礎年金2級の受給が決定し、年額で780,100円の年金支給が決定した。

うつ病の最新記事

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付