マルファン症候群で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(20代、無職)

傷病名:マルファン症候群による心臓疾患及び脊髄湾曲症

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年金額 約78万円

  • ご相談者の状況

  • ご本人に代わりお父様がご相談に見えました。中学入学時期から体調不良を訴えるようになり、病院で受診をしたが原因がわからず、病院を転々とした結果、大学病院の紹介を受け、マルファン症候群と判明した。背骨が湾曲してしまうことから、背骨を補強する金属を体に埋めこみ、そのことが原因で日常生活に大きな支障が生じているご状況でした。また、マルファン症候群による合併症で心臓疾患も発症していらっしゃいました。お父様はお子様の将来を心配され、ぜひ年金受給をと希望されておりました。

  • 相談から申請迄のサポート

当初は肢体の障害と心臓疾患による両面での申請を検討したが、心疾患の診断書を取り付けたところ、障害認定基準には至らないと判断された為、背骨の湾曲による肢体の障害での申請に絞りました。大学病院の医師に診断書を依頼したところ、医師から強い拒否反応があったため、当センターから医師に対してご本人の障害年金に対する強いご希望と、障害年金の認定基準についての説明の依頼文を提出しました。幸い医師の理解が得られ、無事に診断書が作成できたので、ご本人への日常生活をヒアリングした申立書と合わせて、申請となりました。

◆結果 

申請後約6か月後に障害基礎年金2級が決定し、年額約78万円の年金受給が決まりました。

その他の最新記事

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付