統合失調症で障害基礎年金1級の認定を受けた事例

  • ご相談者

女性(40代、無職)

傷病名:統合失調症

受給した年金種類と等級:障害基礎年金1級

年金受給額:年金額 約119万円

  • ご相談者の状況

  • 10年程前から幻覚幻聴の症状が出始めていらっしゃいましたが、ご本人が通院や服薬を拒絶した為に、治療が進まずに時が過ぎてしまったようです。症状が次第に悪化し、被害妄想や精神興奮状態が続き周囲への危害が危惧された為、やむを得ず医療保護入院となりました。ご心配されたご主人が障害年金のことを知り、ご相談にいらっしゃいました。

  • 相談から申請迄のサポート

初診でかかった病院がすでに廃院しておりました。その後はまとまった通院が出来ていないご状況でしたので初診日の証明が出来るかが大きなポイントでしたが、廃院した病院の継承機関である病院を確認したところ証明書の発行が可能との回答が得られまして、手続きを進めることが出来ました。診断書作成に関してはご主人のご協力もあり、また入院中だったこともあってとてもしっかりした内容のものを作成頂く事が出来ました。

◆結果 

障害基礎年金1級が決定し、年額約119万円の受給が決まりました。

受給事例の最新記事

統合失調症の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付