統合失調症で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(30代、無職)

傷病名:統合失調症

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年金額 約78万円

  • ご相談者の状況

  • 20代の学生時代から周囲の目が気になり始め、外出恐怖の症状があったそうです。その後もアルバイトをしていても意欲低下、物忘れなどがあり継続した就労ができなかったとのことで、心療内科や脳神経外科等様々な病院を受診されました。精神不安定が強く出た時期には自傷行為もあり、暴力的になり部屋のものを破壊してしまう等目の離せない状態になってしまったようです。

  • 相談から申請迄のサポート

初診から10年以上の期間が経っていましたし、複数の病院への通院歴がありましたので、初診日の検証を慎重に行いました。お母様がご対応下さり、お薬手帳や当時の診察券等心当たりのものをすべて見て頂きました。その結果病院が特定でき、カルテ保存はなかったものの、その他複数の書類を合わることで初診日を証明することが出来ました。

◆結果 

障害基礎年金2級が決定し、年額約78万円の受給が決まりました。

お知らせの最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付