肢体の障害で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(50代、無職)

傷病名:腰椎椎間板ヘルニア

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:年金額 約83万円

  • ご相談者の状況

  • 自転車に乗った際に振動で腰に痛みが走ることがあり、異変を感じたのが最初だったそうです。お仕事が立ち仕事だった為、勤務に支障をきたすようになり受診をされました。痛み止めを飲みながら勤務を続けてこられましたが、いよいよ就労が困難となり、手術を受けるご決断をされました。手術は複数回に及び、術後も痛みは軽減せず日常生活にはかなりの支障があるご様子でした。

  • 相談から申請迄のサポート

初診にかかられたのは2年前でしたのでカルテの保存は問題なく、証明書の手配は滞りなく行えました。診断書作成にあたっては、日常生活への支障の度合いを細かく医師に伝わるよう工夫をしました。また申立書にも同様に、作成にあたってはかなり細かにご本人からヒアリングをして、ご本人のご病状を正確に訴えられるように注意をしました。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、年額約83万円の受給が決まりました。

その他の最新記事

受給事例の最新記事

肢体の障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付