統合失調症で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(30代、無職)

傷病名:統合失調症

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:年金額 約59万円

  • ご相談者の状況

  • 連日の長時間労働に加えて、身内の不幸が重なり、体調を崩してしまわれたそうです。通院していた病院が社会的な不祥事を起こしたことで転院を余儀なくされてしまったご経験がおありでした。過去に入院もされましたが、症状は改善せず一進一退の状態が続いていました。就労継続が困難で、転職もかなり多くあったようです。現在は就労できず、療養に専念されています。

  • 相談から申請迄のサポート

初診の病院の受診はすでに廃院しており、2件目の病院でもカルテ残存しておらず、証明書の作成が難航しました。3件目の病院では幸いカルテがあり、なおかつ2件目の病院からの紹介受診でした。証明書の内容には、初診の病院の受診時のことからを詳しく記載していただけており、これによって初診日を明らかにすることが出来ました。初診から時間がかなり経過していた件でしたので、初診証明が今回の申請のポイントでした。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、年額約59万円の受給が決まりました。

受給事例の最新記事

統合失調症の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付