気分変調症で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(30代、無職)

傷病名:気分変調症

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:遡り受給額約270万円 年金額 約58万円

  • ご相談者の状況

  • ご両親とご一緒にご相談に見えました。約5年程前職場のストレスが引き金となり、人前でうまく話せない、他人からの評価を気にしすぎてしまう等の症状が出始めたそうです。休職をして療養をしたり、評判のいい医師を探して病院を変えてみたりしながら治療を続けてこられましたが、症状は良くならずに退職を余儀なくされました。抑うつ状態が長引いており、将来を不安に感じられて障害年金の受給を検討されたということです。

  • 相談から申請迄のサポート

病院を数回変えられていましたので、受診歴の整理を丁寧に行いました。幸い初診からの年数がさほど経過していなかった為、証明書の手配は滞りなく進めることが出来ました。また障害認定日時点でご状況からすると遡及申請の可能性があると考え、診断書を手配を進めました。当時受診していた病院が遠方でありましたが、ご両親のご協力もあって無事に診断書の作成が出来、現症の診断書の作成についても、現在のご状況が正確に反映されるよう工夫をして依頼を致しました。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、4年間遡って年金が認められ、約270万円を年金を受給することが出来ました。そのほか年額約58万円の年金権利も獲得しました。

受給事例の最新記事

気分障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付