発達障害で障害基礎年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(20代、無職)

傷病名:発達障害

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年金額 約78万円

  • ご相談者の状況

  • お母さまとご本人お二人で相談に見えました。幼少の頃から周りの子供たちと一緒に遊ぶことが出来ず、小学校に入ってもやはり友達とコミュニケーションが取れずうまくいきませんでした。ご本人は、周囲と比べ自分だけがどこかずれているという意識が絶えずしていたそうです。高校を卒業後仕事に就かれましたが、ミスが多く人間関係が築けない等が原因で、転職を繰り返しました。このままでは自分がダメになってしまうと思い、最低限の生活基盤を確保したく、障害年金の受給を強く希望したおられました。

  • 相談から申請迄のサポート

初診日が三年前であった為、受診状況等証明書はすぐにとることが出来ました。ただ、初診当時から発達障害特有の症状が強く見られていたため、遡り請求ができないか念のため確認したところ、幸いにもカルテが残っており、医師に事情を説明し診断書を作成して頂きました。当センターでは初診から現在までの詳しい状況をヒアリングし、病歴状況申立書にまとめ、申請を行いました。

◆結果 

障害基礎年金2級が決定し、2年間遡って年金が認められ、約156万円を年金を受給することが出来ました。そのほか毎月約6万5千円の年金権利も獲得しました。

受給事例の最新記事

発達障害の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付