気分障害で障害厚生年金3級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(30代、無職)

傷病名:気分障害

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:遡り年金受給額116万円 年金額 約58万円

  • ご相談者の状況

  • 初診は3年前のことで、当時はエレベーターや部屋に入ると息苦しく感じイライラする、不安感が強くなる、等の症状に襲われたそうです。その後うつ病の診断を受け1か月間入院加療を受けられています。当時は人から絶えず見られているように感じ、外出もできない状態でいらっしゃいました。現在は2週間に1回のペースで通院を続け、薬物療法を受けてらっしゃいます。

  • 相談から申請迄のサポート

初診当初から症状がかなり進んでいたことから、遡っての請求が可能かと考え確認したところ、認定日が入院していた時期と重なっていたことから、遡っての受給の可能性が高いと判断しました。医師には認定日当時の診断書の作成を依頼し、現在の主治医にもご本人の日常生活状況を詳しくお伝えをし、入念に診断書を作成して頂きました。当センターでも病歴状況申立書を詳細に作成をし申請を行いました。

◆結果 

障害厚生年金3級が決定し、遡って2年分の年金約116万円の受給が決定しました。また年額約58万円の年金受給も決定いたしました。

受給事例の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付