人工透析で障害厚生年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(50代、会社員)

傷病名:慢性腎不全

受給した年金種類と等級:障害厚生年金2級

年金受給額:年金額 約124万円

  • ご相談者の状況

  • 人工透析で障害年金がもらえることを医師から聞かれ、ご自身で準備をされたそうですが、初診日がわからず壁にぶつかってしまいご相談に来られました。現在週3回仕事の合間に透析を受けていらっしゃいます。申請はかなり専門的な内容であると思い、専門家に依頼をしようと考えられたとのことです。

  • 相談から申請迄のサポート

腎不全がわかったのが3年前のことで、肺炎で入院していた時であったことから、この肺炎が初診日と考えましたが、肺炎で入院中に腎臓内科へも受診をしていることわかり、腎臓内科での受診日を初診日として準備を進めていきました。証明書が取れ初診日が確定しましたので、続けて現在透析中の病院担当医に診断書の作成をお願い致しました。

◆結果 

障害厚生年金2級が決定し、年額約124万円の受給が確定致しました。

受給事例の最新記事

腎不全の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付