HIV感染により、障害厚生年金3級を受給できたケース

  • ご相談者

男性(40代、無職)

傷病名:HIV

受給した年金種類と等級:障害厚生年金3級

年金受給額:年額約59万円

  • ご相談者の状況

  • HIVに感染したとの事で、障害年金を受け取れないか、HPを調べられて、
    事務所に来られました。

  • HIV感染症での受給は困難であることをご存じで、
    不安を抱かれてご相談されました。

    相談から申請迄のサポート

仕事を続けており、日常生活に影響がないように見えました。
その為、障害年金を受け取れるかどうか、もらえるかどうか不安がっておられました。

お話を聞いたところ、エイズ発症歴があり、数値も異常値を示していたので、受給できる可能性はあると判断しました。

◆結果

①相談者にしっかりとしたヒアリング
難しい案件でしたので、時間をしっかりとり、日常生活から仕事上の不便なこともまで、ヒアリングをしてまとめました。

②初診日証明の取得

総合病院で受診されていて、当初はHIVと関係ない診療科で受診しておられ、ご本人はそこは初診日ではないという認識でしたので、指摘をして正し初診日で取得しました。

③診断書作成サポート

数値は認定基準を超えているいましたが、以前と変わらない仕事を続ける事ができていたため、体調を無理して続けていることを医者に伝える必要がありました。

その旨をご本人から医師へお伝えいただきました。

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付