脳出血後遺症で障害厚生年金1級の認定を受けた事例

  • ご相談者

女性(50代、主婦)

傷病名:脳出血後遺症

受給した年金種類と等級:障害厚生年金1級

年金受給額:一時金として約1,000万円のほか、年額約200万円

  • ご相談者の状況

  • 8年前に仕事中に職場で気分が悪くなり、一旦帰宅したが、その夜に脳出血を発症し救急搬送
    となった。手術後は左半身と言語能力に障害が残り、日常生活は一人では困難な状態となった。
    3人兄弟の娘さんが力を合わせて実母の面倒をみている状態であるが、障害年金を知らずに今日まで来てしまっており、母の為にも何とか受給したいとのご相談でした。

    相談から申請迄のサポート

初診日証明と取付けに苦労しました。職場から一旦帰宅してすぐに近医で受診していたが、既に
カルテ保存がなく、初診証明書が取れない状況でした。証明になる物を探したところ診察券が
残っており、幸いにも初診日が記入されていたことから証明書類として提出することが出来まし
た。認定日当時の診断書と現状の診断書2枚作成し、病歴状況申立書に病状の推移を詳細に記載
して提出申請致しました。

◆結果

5年間に遡って認定決定し、一時金として約1,000万円の年金を受給したほかに年額で
約200万円の受給が決まりました。

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付