網膜色素変性症害で障害年金2級の認定を受けた事例

  • ご相談者

男性(20代、無職)

傷病名:網膜色素変性症

受給した年金種類と等級:障害基礎年金2級

年金受給額:年額約78万円

  • ご相談者の状況

  • 高校生の時に夕方になると夜盲のような症状が出てきましたが当時は気に止めなかったそうです。
    一度地元の病院に行きましたが、網膜色素変性症の恐れがあるとの診断を受けましたが、痛みがなかったため放置してしまったそうです。
    その後、東京に出て就職をしたのですが、だんだん視野が狭くなり躓いたり、肩がぶつかったりするなどし、改めて東京の病院に行きました。その時に網膜色素変性症と診断を受け、将来失明する可能性があるとのことで来所されました。

    相談から申請迄のサポート

今回の場合、初診証明の手配からはじめました。
地元の病院に問い合わせましたが、カルテなしの状況とのことでしたが、その病院の診察券残っていましたので、第三者証明をご友人2名から取得し書類を作成しました。
また、日常生活の不便さを詳細にヒアリングし、書類を作成しました。

◆結果

障害基礎年金2級が決定し、年額約78万円の年金を受給することが出来ました。

網膜色素変性症の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付