悪性関節リウマチとして

(臨床調査個人表国更新のダウンロード)

1. 悪性関節リウマチとは

既存の関節リウマチに、血管炎をはじめとする関節外症状を認め、難治性もしくは重篤な臨床病態を伴う場合、「悪性関節リウマチ」と定義されます。ただし、内臓障害がなく、関節リウマチの関節病変が進行して関節の機能が高度に低下して身体障害がもたらせる場合には悪性関節リウマチとは言いません。

2. この病気の原因はわかっているのですか

関節リウマチと同様に原因は不明です。家族内に関節リウマチの人が約12%みられ、体質や遺伝が示唆されます。遺伝因子の1つとして、白血球の組織適合抗原のHLA-DR4は関節リウマチに多く認められますが、悪性関節リウマチにはより多く認められます。また、悪性関節リウマチでは、免疫異常が強く認められます。リンパ球の機能異常、リウマトイド因子(特に、IgGリウマトイド因子)の高値、免疫複合体の形成などが血管炎の発症に関与していると考えられています。

3. この病気ではどのような症状がおきますか

全身血管炎型では既存の関節リウマチによる多発関節痛に、発熱(38℃以上)、体重減少を伴って皮下結節,紫斑,筋痛,筋力低下,間質性肺炎,胸膜炎,多発単神経炎,消化管出血,上強膜炎などの全身の血管炎にもとづく症状がかなり急速に出現します。末梢型動脈炎型では皮膚の潰瘍,梗塞,または四肢先端の壊死や壊疽を主症状とします。全身血管炎型ではリウマトイド因子高値,血清補体価低値,免疫複合体高値を示します。

4. この病気にはどのような治療法がありますか

基本方針は、1)それまでの抗リウマチ剤による関節リウマチ自体の治療を継続することを原則とします。また、2)関節機能不全の進行に留意して治療します。3)寛解するまでは入院治療を原則とします。4)その上で悪性関節リウマチに対する治療を行います。悪性関節リウマチに対するの薬物治療にはステロイド剤,免疫抑制剤,D-ペニシラミン,抗凝固剤などがあり,そのほか血漿交換療法も行われます。また、治療法の選択は臨床病態により異なります。


障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど