統合失調症で障害基礎年金2級認定されたケース

1 相談に来た時の状況

ご病気の21歳の息子に代ってお父様(税理士)がご相談に来社。  これまで何度も騒ぎを起こし、警察沙汰になり、措置入院を繰り返している。初めて措置入院した記録が残っておらず初診日の証明が出来ないが何とか申請して受給出来ないかと切実なご要求でした。

2 杉野社労士の見解

日常生活状況を詳しくヒヤリングしたところ、統合失調症として2級人認定可能性が高いが、初診日であると思われる先が、病院ではなく措置入院の為の観察診断を受けた保健所であり、初診日確認が相当困難であるが父親の気持ちを考え、出来る限りの対応を取ることとした。結果は、5分5分の予想であった。

3 受任してから申請迄に行ったこと

保健所の勤務医師 に初診証明を作成してもらおうとしたが、既に保健所は廃所になっており、次に措置入院した病院でもカルテ保存がなく、4件目の病院でようやく証明書を作成 することが出来た。通院した6件全ての病院分の書類を作成するとともに第三者証明を2通作成してもらい申請手続を行った。

4 結 果

申請後、2ヶ月で障害基礎年金2級の受給が決定した。27年10月の法改正後初めて第三者証明で認定された事例となった。

精神疾患の最新記事

統合失調症の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付