脳疾患(高次脳機能障害)による受給事例

ご相談に来られたときの状況

15年前に脳出血を発症し、軽い失語症と記憶の低下、易疲労性等の症状があった。症状は安定しており、コミュニケーションも良好であったが、ご本人の話では、仕事の処理速度が遅く、それがストレスとなり疲れ易くなっているとのことでした。

杉野社労士の見解

医師からは週20時間以上の就労可能だが、易疲労性に要注意との所見であったが、軽い失語症と記憶低下、処理速度低下、易疲労性等の高次脳機能障害があることから障害等級3級の認定可能性があると推測した。

当センターのサポート内容

脳出血発症からの治療経過と日常生活状況を詳しくヒヤリングし、内容をレポート化して主治医提出し、現状を出来る限り詳しく診断書に記載してもらうよう要請した。

結果

審査の結果、認定日当時に遡って障害厚生年金3級の認定を獲得。年金も毎月受給する年金以外に5年分を遡及して受給することになり、一時金として約300万円強を受給することが出来た。

脳疾患の最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付