がんでの受給事例

Aさんは定年間際に、がんを発見する。のどの調子が悪いということから始まり、喉頭と食道の上部を切除する手術を受けることになる。いくつもの手術を乗り越え、がんを全て摘出したことにより、助かったという喜びと共に、声が出ないことに苦しみ始めるようになる。

将来の生活の不安を感じながら、年金の手続きを始めるようになる。喉頭全摘出手術で言語機能を喪失した場合、障害に認定され、一定の保険納付要件を満たしていれば、障害年金が支給されることを知る。声が出ない中、社労士の補助を得て、障害年金の支給が決まる。

障害年金の支給額は普通に暮らすには十分な額であり、しゃべれない辛さを乗り越えてよかったと語る。今、Aさんは無償ボランティアで発生訓練講習会の指導員を務めている。

がんの最新記事

障害年金無料相談会受付中!メールでのご予約はこちら

当センターの新着情報・トピックス・最新の受給事例

傷病から探す

無料相談会ご予約受付中!無料相談会ではこんな事をお伝えしています!障害年金をもらえるかどうか・もらえるとしたらいくらもらえるのか・申請の方法やポイントなど
無料相談会実施中 03-3888-6614 ご相談の流れはこちら
専門家がお応えします 無料メール相談 24時間受付